更年期障害の症状

代表的な更年期障害の症状

代表的な更年期障害の症状とは

更年期障害の代表的な症状に、ほてりやのぼせなどがあります。ほてりやのぼせはホットフラッシュと呼ばれるもので、自律神経失調症が引き起こされることで起こります。更年期障害は卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌量が減少し、自律神経に影響を及ぼすものです。ほてりやのぼせなどを治療するには、ホルモンを補充する方法や自律神経調整薬を使用する薬物療法があります。薬物療法を施すことで、症状が改善することが多くあります。

↑PAGE TOP